freon
フロン漏えい点検の義務化

  • ホーム >
  • フロン漏えい点検の義務化

フロン漏えい点検の義務化

フロンに関する法律(フロン類の使用の合理化及び管理の適正化に関する法律)が改正され平成27年4月1日から施行されました。

この改正によって、機器の所有者や管理者は今後、廃棄時だけでなく、業務用冷凍空調機器の適正な管理とフロン類の排出抑制に努めなければなりません。そのため日常的な簡易点検は、所有者ご自身が行い、定期点検は専門業者に依頼して実施することが必要となります。

 

フロン類が充填された業務用冷凍空調機器(第1種特定製品)の管理者(ユーザー様)が対象

有資格者の専門スタッフが定期点検を行います。

点検種別 対象機器 電動機定格出力 点検頻度
簡易点検 すべての第1種    特定製品 点検対象機器すべて 3ヶ月に1回以上
業務用エアコン 点検項目
室外機 異常振動・異常運転音・油の漏れ
キズの有無、熱交換器の腐食、錆びなど
冷凍冷蔵ショーケース
業務用冷凍冷蔵庫
点検項目
室内機点検 ショーケースや業務用冷凍冷蔵庫の温度
ショーケース内部の熱交換器の霜付きの有無
ショーケース内部の熱交換器や配管の油のにじみの有無
ショーケース周辺の油のにじみ
室外機点検 機器の異常振動・異常運転音
機器室外機周辺の油にじみ
室外機のキズの有無、熱交換器の腐食、錆びなど
業務用
冷凍冷蔵庫
熱交換器(凝縮器・冷却器)の霜付き、油にじみの有無(室内機)
冷凍機周りの油にじみ、異常振動、異常運転音

 

 

 

 

業務用エアコンの定期点検・フロン類回収は西窪空調サービスへ

西窪空調サービスでは、1~3年に1回以上実施が義務付けられている業務用エアコンの定期点検を承っております。
また、温暖化防止やオゾン層保護の観点からフロン類の回収に積極的に取り組んでおりますのでお気軽にご相談ください。

CONTACT

個人用・業務用に関わらず空調設備についてのトラブルや新規設置など、あらゆる空調設備に精通している
西窪空調サービスにご相談くださいませ。東海三県であれば即座にお伺いいたします。